D42.ミズバショウの赤羽緑地

1.動 機
 TVニュースの茨城版で、赤羽緑地のミズバショウが見頃になっているとの情報があり、早速出掛けてみた。4段の棚田がミズバショウの植生地になっていて、下段は少し盛りを過ぎていたが、中段では新鮮なミズバショウを見ることが出来た

2.データ
a)山域:赤羽緑地
b)登山日:2016/04/03(日)曇
c)コースタイム:自宅12:50 = 13:00レストラン13:30 = 13:40赤羽緑地駐車場13:50 = 14:00赤羽緑地駐車場14:05 ---- 14:10生物観察池 ---- 14:15棚田池(ミズバショウ植生地) 14:30 ---- 14:35横穴墓下 ---- 14:40赤羽緑地駐車場 = 14:50自宅
(赤羽緑地の歩経路)
d)同行者:和子

3.山行記録
 昼過ぎに我家を出発して、馴染みのスーパの茶屋で昼食をとって買い物を済ませてから、赤羽緑地の駐車場に向かった。日曜日だが天気があまりよくないので停まっている車は少なかった。
 駐車場からの階段を下って休憩舎に下り、更に野鳥池まで下ると、水面につがいのカモが仲良く泳いでいた。何度かシャッタを押していたら、写真に撮られるのが嫌なのか向こうに飛んで行ってしまった
(駐車場から緑地へ)
(野鳥池を泳ぐカモ)
 池の手前には、オドリコソウやハナニラ、スイセン、タンポポなど野の花があちこちに咲いていた。
(オドリコソイウ)
(ハナニラ)
(スイセン)
(タンポポ)
 お目当てのミズバショウの植生地に着くと、一番下の段にはミズバショウの大きな葉っぱが茂っていて、白い花もいっぱいつけていた。遠目には綺麗だったが、喜んで写真を撮ろうと近づいてみるとあちこちの花が萎れ始めていた。アップの写真を撮る株を選ぶのに手間取った。
(下段のミズバショウ)
(下段のミズバショウup)
 ミズバショウの先にはスミレやヒメリュウキンカの花も見られた。
(スミレ)
(ヒメリュウキンカ)
 その上の中段のミズバショウは見頃になっていて、数株纏めての写真も大きく表示できる。
(中段のミズバショウは見頃)
(中段のミズバショウup)
 三段目のミズバショウは、見頃にはまだ少し早い。
(上段のミズバショウ)
 その奥にある最上段のミズバショウはまだチラホラ、代わりに周りに繁茂しているネコノメソウが綺麗だった。
 わずかの高さの違いでこんなに花時期がずれるのはすこしおかしい。苗を植えはじめたのが下の段ほど早いので、多年草のミズバショウの株の年齢のせいかもしれないですね。
(最上段のミズバショウ)
(ネコノメソウ)
 最上段から下るときに、登る時には気が付かなかったニリンソウやショウジョウバカマの花が咲いているのを見付けてシャッタを押した。
(ニリンソウ)
(ショウジョウバカマ)
 野鳥池まで下って、来た時と反対方向に回って歩いて行くと、目の上にコブシやヒュウガミズキと木に咲く花を見ることが出来た。
(コブシ)
(ヒュウガミズキ)
 柵沿いにシナノレンギョウに黄色い花を見て、横穴墓への道に上がらないで池の畔を歩いて行くと、池に垂れ下がるようにキブシの房がいっぱい垂れ下がっていた。
(シナノレンギョウ)
(キブシ)
 休憩舎近くまで引き返すとヒヤシンスに似た花やスノードロップの花が見られた。
(ヒヤシンス)
(スノードロップ)
 今日は1km足らずの短いウオーキングでミズバショウの花を見ることが出来、その他にも綺麗な花をたくさん見られて嬉しい日になりました。


inserted by FC2 system