E43.桜巡り(1)(平和通り・多賀)

1.動 機
 今年の第55回日立さくらまつりは年4月1日(土)から4月16日(日)まで、8日と9日にはユネスコ無形文化財になった風流物が平和通りに繰り出されるとのこと。8日、9日は人出が多いので出そびれ、見頃だったとの情報を聞いて翌10日に出掛けてきた。


2.データ
a)山域:日立平和通り、常陸多賀
b)登山日:2017/04/10(月)、12(水)
c)日程:10日・自宅 15:00 = 15:45 ヨーカドー 15:50 ---- 15:55 平和通り 16:25 ---- 16:30 ヨーカドー 16:40 = 17:20 自宅
12日・自宅 13:30 = 14:10 HM水力会議室 16:05 = 16:15 日立多賀テクノロジー前通過 = 16:20 スーパ 16:40 = 17:00 自宅
d)同行者:和子

3.山行記録
10日
 R6とR245の間を通る通勤道路を走っていくと、油縄子小学校グラウンドの桜が丁度満開に近く、車窓から何度もシャッタを押した。故あって運転自粛中なのですべて和子に運転してもらって、私は桜並木を堪能しながらシャッタを押すことができる。
(油縄子小学校グラウンドの桜)
 油縄子小学校と隣接する多賀中学校のグラウンドにも同じように桜並木が続いて、車窓から眺めているだけで嬉しくなる。
(多賀中学校グラウンドの桜)
 イトーヨーカドーの4階駐車場に車を入れてすぐに平和通りに向かう。日立駅前に出ると平和通り桜は七分咲きぐらいの丁度見頃、残念がら空は曇ってきて輝きはないが、横断歩道の真ん中に出て山側を伺うと、両側から桜の枝が通りの中央まで伸び出していてサクラのトンネルの様になっている。
(日立駅前横断歩道からの平和通り)
 左の南側歩道を少し歩くとトンネルの下から眺められる。
(南側歩道方向を見上げて)
 左側を見上げた方が、桜の花が間近に見えて綺麗に見える。
(南側歩道方向を見上げて)
 その先には両側に大きく枝を張った桜の大木があった。ケヤキ通りまでの染井吉野の並木が植えられたのは、1976年、31年前の事と聞く。染井吉野は30年でこんなに大きくなるのか。
(南側歩道から・平和通りの桜も大木になった)
 ケヤキ通りには□形の歩道橋がある。手前から見上げると歩道橋の真ん中に観光客らしい数人がいて、桜並木を楽しんでいるらしい。我家も歩道橋に登って一回りすることにした。
(□形歩道橋)
(歩道橋で周回)
 山側の歩道橋から山側の平和通りの桜並木を上から眺めると、下の方の花は開いているが上はまだ蕾で小枝が目立って少し淋しい。このけやき通りからR6までの染井吉野は昭和26年・66年前に植えられたらしいが、目の錯覚か、それとも代替わりしたのか、それほど大きくは見えない。。その上に神峰山が優美な山容を見せていた。
(山側の桜・神峰山が目立つ)
 駅側に回ると、ここに見えていた数人の観光客は東南アジアから来たような風情の外人さんたちだった。
(日立駅側の桜)
 国道R6まであと600mあるが私にはここまでで充分、□形歩道橋から駅前に向かう北側の歩道に下りて、帰りはこちら側を歩いていった。歩道に下りて見上げる桜並木のトンネルも見応えがあった。
(北側歩道から)
 途中の銀行の前に小さな花壇があって、チューリップやパンジー等の花が色鮮やかに咲いていた。小さい花壇でも十分に目を楽しませてくれた。
 「日立さくらまつり」の幟が列をなして立てられていたが、すべて駅側から読む字体なので振り返ってシャッタを押す。逆光になって桜の花がそれらしく見えなくて残念。
(銀行前の小花壇)
(まつりの幟と桜の花)
 駅前まで来て、横断歩道を渡ってイトーヨーカドーに戻った。途中立ち止まってシャッタを押していると、危ないよ」と幼稚園生を諭すような和子の叱声が飛んでくる。
 ヨーカドーで買い物をして料金0で駐車場を出て、我が家に向かった。通勤渋滞を心配したが、意外にスムースに走って帰ることができた。
(駅前交差点を横切ってお終い)
12日
 古巣の日立水車設計部のOB会の幹事会が午後から会社であり、和子の車で送ってもらい、帰りに載せて貰う目当ての幹事さんが欠席だったので、帰りも和子車に乗せて貰う。
 R245を走って日立多賀病院の先で右折すると、昔の多賀工場、今は日立多賀テクノロジー工場内の桜並木が見えてくる。このサクラ並木は昔と変わりなく綺麗だった。
(日立多賀テクノロジーの桜)
 日立多賀テクノロジーの入口にさしかかると桜の花は一段と賑やかになり、桜並木はその先常磐線の高架下まで続いた。
(日立多賀テクノロジー正門入口)
 多賀工場の桜並木から通勤道路に出て、途中スーパで買物して走っていくと大沼小学校の前を通る。小学校前の歩道沿いにもサクラ並木があり、満開に近い花が迎えてくれた。
(大沼小学校沿いの桜)
 我家に向かう踏切で遮断機が下りてJR電車の通過待ち、BRTの鉄橋工事現場の現状写真を撮ることができた。橋体が橋脚の上に随分近くまで押し出されていた。
(4月12日、終盤に入ったBRT鉄橋)
 今日16日には、鉄橋本体部分がコンクリートの橋脚の切れ込みのところまで送られていて、後は降ろされるのを待つだけになっている。どうやってこの重そうな鉄橋本体を下すのだろうか。見ものだ。
(4月16日のBRT鉄橋)
 

inserted by FC2 system