V123.天狗岩・高峠山・宮古山
(茨城県の低山ピークハント)

1.動 機
冬の間は、シモンさんHPの「茨城の山リスト」から一つ一つピックアップして登るのを楽しみにしているが、手っ取り早く近場の山を先に選ぶので、だんだんと遠くの、それもあまり魅力的ではない山ばかりが残ってくる。余り面白くもない山に登るためにわざわざ遠くまで出かけるのはどうかとも思うが、今となっては「茨城の山リスト」の完登をやってしまいたい。
今回は一番遠い茨城県の最北端、地形図「町付」にある天狗岩・高峠山・宮古山の三山に登ってきた。予想通り展望はなかったが、意外に登山道が整備されていたり、植林の山だったりで、藪に悩まされることもなく陽だまりの気持ちの良いハイキングを楽しんできた。
この報告書を書くためにポケナビの歩経路を整理していて、高峠山は手前のピークで引き返して山頂には到着していないことに気がついた。高峠山には再挑戦が必要になった。
(今回ピークハントした三低山)


2.データ
a)山域:天狗岩(592m)、高峠山(324)、宮古山(340)
b)登山日:2008/12/20(土)曇後晴
c)コースタイム:日立自宅 9:00 = 10:40 荒沢林道P 10:55 ---- 11:35 天狗岩 10:45 ---- 12:20 荒沢林道P(昼食)12:45 = 13:00 下塙集落P 13:10 ---- 13:35 高峠山 13:50 ---- 14:30 下塙集落P 14:40 = 14:50 一軒家下P 14:55 ---- 15:10 宮古山 15:20 ---- 15:25 一軒家下P 15:35 = 17:30 日立自宅
d)同行者:和子
e)地形図:1/25000 「町付」

3.山行記録

3.1 天狗岩
県道28号10:35=10:40 荒沢林道P 10:50 ---- 11:00 渡渉 ---- 11:35 天狗岩 10:45 ---- 12:15 徒渉 ---- 12:20 荒沢林道P(昼食)12:45 = 12:50 県道28号
(天狗岩の歩行ルート)
(天狗岩ルートの高度差)

我家を朝9時に出発し、R293、R461から県道33号で月待ちの滝に出て、八溝山に向かう県道28号に入った。吉ノ目に近付くと、右手に天狗岩の峰続きの山が見えていた。山裾が急傾斜の山ばかりで、この奥にある天狗岩も取り付きが大変そうだ。右下に民家の専用道路のような道が別れていて、確認のため歩いて下ってみると、道は民家を通過して八溝川を渡って荒沢沿いに伸びていた。シモンさんはここから尾根に取り付いているが、我家は時間短縮のため車で天狗岩の直下まで入った。対向車が来たら交差不能なので、長いバック運転を余儀なくされそうだが、今日は幸い一台も出会わなかった。
(県道から天狗岩)
(荒沢林道)

広くなったところを見つけて駐車し、身支度を整えて林道を遡りながら取り付きやすいところを探した。植林は間伐されているが、あまり登りやすそうな緩斜面は見つからない。見たところではどこも物凄い急斜面に見えるが、間伐作業をやったのだから登れないはずはなかろうと、未間伐エリアの手前から取り付くことにした。
荒沢を徒渉して登り始めたが、やはり傾斜は凄い。足場がずるずると崩れるので、切株やブッシュを足場にしながら、右に左に足場を求めながら攀じ登っていった。すぐに暑くなって一枚脱いだ。
(徒渉)
(急坂)

30分急斜面と格闘すると急に平らな尾根上にでた。山頂は尾根を辿った先に三角点と、カワスミさんの青い山頂標識があった。早速証拠写真を撮って、苦労して登ってきた苦労をいたわりあいながら紅茶で乾杯した。
(山頂近くは快適)
(天狗岩山頂)

登った急斜面を下ると足元が危なそうなので、地形図を見て、尾根筋を少し南下した次のピークから林道に下りることにした。
尾根筋にははっきりとした踏跡があり、下っていくと次のピーク辺りにはイワウチワがあちこちに生えていた。ピークから林道に向かう支尾根にも踏跡があり、ここにもイワウチワが沢山生えていて、痛めないように歩くのに気を遣った。ピンクの花が咲く春には見事な眺めになることだろう。
気持ちよく下って行ったが、沢の音が聞こえ始める沢近くになると凄い急斜面が待っていた。ガレバになっていて、うっかり踏んだ石を転がすと、物凄い勢いで音を立てながら転がり落ちていった。それでも沢まではもう少しだ。注意しながら下れば大したことはない。私が下りきるまで、和子には上で待っていてもらった。
(下りには踏跡あり)
(沢近くはガレの急坂)

無事沢まで下って車に戻り、ゆっくりと弁当を広げた。

3.2 高峠山
下塙集落P 13:10 ---- 13:35 高峠山 13:50 ---- 14:25牧場柵 ---- 14:30 下塙集落P
(高峠山歩行ルート)
(ニセ高峠山ルートの高度差)

地形図を眺めると、高峠山には県道28号から生活道路に入った下塙集落から尾根が続いている。ここからなら登れそうに思えて、県道28号から下塙集落に入ったが、なかなか駐車場所が見つからない。取り付き予定の場所から200mばかり過ぎた三叉路に空地を見つけて停めさせて貰った。
駐車場所から歩いて引き返して民家脇の道を入ると牛舎があり、その先が牧場になっていて電線の柵がしてあった。入ってはいけないところに入ったようだった。柵を越えるとしっかりとした道が通っていた。しかし、この道は墓地への道だった。墓地の後ろの崖を登って尾根に上がるとやっと登山道にでた。この道は途中何箇所か分岐があったが、上へ上へと登っていくと山頂にたどり着いた。松と雑木の明るい林の中を気持ちよく歩くことが出来た。
山頂には小さな石の祠と、「神武天皇遥拝場」と彫った石碑が立っていた。樹間から東方向の山々が見えており、矢祭山や檜山あたりと思われたが、暫く歩いていない地域なので定かでない。
(はっきりとした登山道あり)
(ニセ高峠山山頂)

下りも気持ちよくどんどん歩いていたら、途中2箇所で方向を間違えて違う尾根に迷い込んで引き返したり、トラバースで方向変換したり混乱した。登りでは違う尾根へは下りになるので迷い込むことはないのだが、下りでは間違えやすいのだと始めて悟った。近道しようと谷に下ったら牧場の柵にぶっつかって尾根に登り返したりしたので、登りよりも時間がかかってしまった。

3.3 宮古山
14:50 一軒家下P 14:55 ---- 15:00 裏尾根 ---- 15:10 宮古山 15:20 ---- 15:25 一軒家下P 15:35
(宮古山歩行ルート)
(宮古山ルートの高度差)

八溝山−大神宮山縦走のときに入った唐竹久保への道を走ると、左に今登ったばかりの高峠山が見え、やがて右に宮古山が見えてきた。その先の分岐で右の舗装林道に入って峠のあたりに空地を見つけて駐車した。
宮古山は手入れの良い植林山で、どこからでも登れそうだが、林道からは崖になっていて取り付けない。細い道に入ると一軒家があり、この家の前を横切れば林道の上に出られそうだが、遠慮して細い道をそのまま進むと、山側にはお茶の茂みがあったりして山には入れなかった。地形図では裏に尾根があり、ここまで回り込めば道らしきものがありそうに思えた。
裏尾根に上がると予想通り踏跡があり、それを登って行くとすぐに山頂だった。山頂には三等三角点と三枚の山頂標があった。3枚の山頂標にはそれぞれ「339m」「339.5m」「340m」と異なる表示になっているのが面白かった。
証拠写真を撮ってコーヒを飲んで下りにかかった。下りは駐車場所に向かって伸びている踏跡を辿ったら、一軒家の庭先にでた。庭を通らせていただいて駐車場所に戻った。下りの所要時間は5分ほどだった。
(中郷集落から宮古山)
(宮古山山頂)

(子午線岩)

時間が許せばもう一山とも考えていたが、3つの山のピークハントが終わるといい時間になっていた。三座を気持ちよく歩くことが出来たことに満足して、そのまま我家に向かって走った。途中、月待ちの滝の手前で格好の良い山並みが見え、その一角に夕日に映える岩壁が見えていた。立て看板によるとこの岩壁は「子午線岩」と呼ばれていて、「大子アルプス鋸21峰」の山並みの一部だった。今年の3月にあの上を歩いたのだと暫く車を止めて眺めていた。







inserted by FC2 system