W62.須立山−甲子山縦走

1.動 機
水戸アルパインの6月例会は、前夜田島の民宿で仮眠してから大峠林道終点まで車で入り、鏡沼コースから須立山に登り、旭岳を巻く坊主沼湖畔の新道を歩いてから甲子山山頂を経て甲子温泉まで歩き通す縦走計画だった。当日は生憎の曇り空、一日中雲の中を歩く展望皆無の山行だったが、ムラサキヤシオやシャクナゲを愛でたり、ガレバの急坂を登ったり下ったり、ドロンコ道との格闘したりと、元気な仲間と一緒に賑やかに歩き通した。

2.データ
a)山域:須立山(1720m)、甲子山(1549m)
b)登山日:2009/06/07(日)曇(前夜泊)
c)コースタイム:(前夜)森山自宅 18:40 = 18:50 日立電鉄南営業所 18:55 = 19:05 東海駅 19:15 = 19:35 勝田駅 = 19:55 水戸駅 = 21:00 美和道の駅 21:10 = 23:00 田島道の駅 23:10 = 23:35 田島民宿(泊:朝食)5:45= 6:15 観音沼駐車場(タクシ乗換え)6:20
6:50 大峠林道終点 7:05 ---- 7:10 鏡沼分岐 ---- 7:40 衣服調整 7:45 ---- 8:00 鏡沼 8:15 ---- 8:30 三本槍分岐 8:35 ---- 8:55 須立山 9:00 ---- 9:20 笠ヶ松 ---- 10:10 坊主沼避難小屋(昼食) 10:45 ---- 11:55 甲子山 12:05 = 12:20 甲子峠分岐 = 12:45 猿ヶ鼻 12:50 ---- 13:20 甲子トンネル入口 13:35 = 14:00 甲子高原ホテル(入浴) 14:45 = 16:00 塙道の駅 16:10 = 16:50 里美道の駅 17:00 = 18:15 水戸駅 = 18:50 東海駅 = 19:05 日立電鉄南営業所 19:10 = 19:20 森山自宅
(須立−甲子縦走ルート)
(須立−甲子縦走ルートの標高差)

d)同行者:水戸アルパイン会員16名(男9、女7)、和子
e)地形図:1/25000 「那須岳」「甲子山」

3.山行記録
日立電鉄南営業所を前夜19時発のバスに乗って勝田、水戸に向かった。今回は日立電鉄のバスではないので色がいつもとは違う。停留所ごとにとまどう仲間を乗せて塩原経由で会津に入った。馴染みの田島の民宿に入ったのは日付が変わる30分前、すぐに布団にもぐりこんだ。私ははすぐに眠り込んで気がつかなかったが、夜中に雨が屋根を叩いていたらしい。
朝は4時過ぎに起きだして、宿の奥さんが特別早くに用意してくれた朝食をいただき弁当を貰って、全員バスに乗り込んで出発したのは5時45分。この早立ちが裏目に出るのだった。
バスで観音沼まで入り、予約しておいたジャンボタクシーに乗り換えて大峠に向かったが、途中の林道の荒れが酷くて、座席から尻を浮かせたくなるようなゆれだった。林道終点でタクシを下り、準備運動をしてから歩き始めた。
(5時前から朝食)
(タクシで林道終点まで)

100mほど大峠方向に歩いたところに左に分かれる鏡沼への分岐があり、大きな案内板と道標が立っていた。始めはなだらかな道だったが、やがてガレた涸れ沢を攀じ登ることになった。
どこまで登ってもガスは晴れなかったが、足元のスミレ、エンレイソウ、オオバキスミレ、ショウジョウバカマ、サンカヨウなどが目を楽しませてくれた。鏡沼の湖畔まで上がったが、深いガスで小さな沼なのに対岸も見えない。周りに咲いているミネザクラなど眺めながら休憩した。
(分岐から鏡沼へ)
(鏡沼)

鏡沼を過ぎると道はなだらかになったが、今度は笹原の道になり、深い霧をたっぷり含んだ笹を掻き分けるようにして歩いた。最後尾を歩いていてもズボンが濡れてきたが、先頭を歩いて露払いをするリーダは上下雨具で防御していた。
峠に近付いてくると粘土質の急坂になり、昨夜の雨でずるずるとすべり、繰り返し現れる段差を越える時は大騒ぎだった。
(笹の登山道)
(高い段差に苦戦)

三本槍岳と須立山との分岐点になる峠に上がると、雲の中の霧を含んだ風が強く吹いてきて寒くなり、みんな雨具を付けた。一休みして須立山へ向かうと、尾根筋の道はなだらかでシャクナゲの花が多くなってきた。しかしシャクナゲの花は可愛そうに風に痛められていて、美しい姿をしているものは少なかった。
山頂標が立つ須立山山頂に登りついたが、ガスが濃くて視界はゼロ、風も強いので早々に次に向かった。
山頂からの下りは凄い急坂で、その上路面がガレて石ころだらけ、浮石を踏んで転ばないよう、落石を起こさないよう、張ってあったロープに掴まりながら慎重に下った。
(須立山山頂)
(ガレの急坂下り)

急坂を下ると風が弱くなり、シャクナゲもその分新鮮なものが多くなり、綺麗にピンクの花を開いたムラサキヤシオも多くなってきた。
少し上り返したところには「笠ヶ松」の看板があり、強風で東に曲がって伸びた古松が何本もあって目を惹いた。
(シャクナゲ)
(笠ヶ松)

笠ヶ松から下りきってしばらくは綺麗な花が多いなだらかな道になった。ムラサキヤシオ、オオカメノキ、ミツバオウレン、ツバメオモトなど色々と賑やかに咲いていた。旭岳の麓まで辿りついて、その急傾斜の東斜面をトラバースしながら進んでいくと、手書きの「甲子山登山道、坊主沼」の道標があった。その先の沢のところで「坊主沼小屋」の道標の示す分岐に入るとすぐに避難小屋があった。真新しい小屋の中で民宿特製の弁当を開いた。今日のように雨模様天気の時には、こんな小屋の中で昼食が食べられるのは有難かった。
昼食後、分岐に戻って沢沿いを進むと、道は始めドロンコ道、やがて雪渓の残る道になった。坊主沼の湖畔の雪渓をトラバースするときには、足を滑らせると確実に沼の中にドボンだ。一歩一歩慎重にならざるを得なかった。
(避難小屋で昼食)
(坊主沼の雪渓)

旭岳の東を巻く道は坊主沼の先で旧道と新道に分かれるが、旧道は通行止めになっていた。新道は整備されていたが、雪渓とドロンコ道の繰り返しが多かった。このあたりから登ってくる人と出会うことが多くなってきた。土地の人には手ごろな山なのだろう。
途中に小さな沼があり、先行に仲間が覗き込みながら歩いていったので、なんだろうかと覗いてみるとモリアオガエルの卵がいっぱい沈んでいた。
(ドロンコ道)
(モリアオガエルの卵)

甲子山へのジグザグの登り道では、途中、歩いて来た道が見えるだろうかと期待して振り返ってみたが、やはり何も見えなかった。山頂手前のピークに登りついたときに、目の前の甲子山の山頂がガスの切れ目にやっと見えはじめてきた。
期待して甲子山山頂に登ったがやはり展望はなかった。天気が良ければ展望の良い山のようで立派な山名方位盤が設置されていたが残念!1時間も待っていれば展望も開けたかもしれないが、山のお天気は判らない。しばらく休んで集合写真を撮ってから下りにかかった。
(手前のピークから甲子山)
(甲子山山頂)

甲子峠分岐まで下ると樹間に大白森山が見え出したが、山頂は雲の中に隠れていた。この時間では甲子山の山頂も雲の中だと思われ、さっさと下り始めたことに納得した。
しかし、もう少し歩いて猿ヶ鼻あたりまで歩くと陽が射すようになり、大白森山の山頂も頭を出してきた。ムラサキヤシオやミツバツツジが日を受けて綺麗だった。
(甲子峠分岐)
(日が照りだした)

猿ヶ鼻で一休みして歩き始めると、ここからは急坂を大きくジグザグをきりながら下る道だった。地形図にも現れているジグザグ道だが、何箇所かは串刺しに下る踏跡もできていた。
「甲子温泉へ」の道標がある甲子トンネル入口の直上まで下ると、リーダが待っていて、バスは甲子温泉ではなくトンネル前で待っていると案内してくれた。ドロンコの山靴を脱ぎ、ズボンの泥を落としてからバスに乗った。早立ちしたうえ、展望ないから山の同定もすることなくせっせと歩いたので歩行時間も短く、バスは予定よりも1時間以上早く出発できた。
(ムラサキヤシオ)
(甲子トンネル入口駐車場)

新甲子温泉のホテルで汗を流してから一路水戸へと帰ってきたが、温泉で飲んだビールと今朝の寝不足とでうつらうつらのバス旅になった。
展望の全くない山行だったが雨が降らなかったのが不幸中の幸い、適当に花を愛でることができたし、ガレやドロンコの急坂と格闘したり、急傾斜の雪渓を歩いたりと、いつもの仲間と賑やかに歩くことができて結構面白い一日だった。




inserted by FC2 system